Home » huransowamiresakuhinsyu by huransowamire
huransowamiresakuhinsyu huransowamire

huransowamiresakuhinsyu

huransowamire

Published February 12th 2015
ISBN :
Kindle Edition
Enter the sum

 About the Book 

・『種をまく人』『落穂拾い』『晩鐘』など農民を主人公にし19世紀活躍した写実主義画家フランソワミレーの50作品を収録。・作品画像の縦横をフレキシブルにしたため、横向きの作品も端末を横にすることで大きく鑑賞することができます。フランソワ・ミレーとは19世紀活躍した写実主義の農民画家。故郷であるシェルプールからパリへ出て新古典主義の画家ドラローシェに師事。肖像画や歴史画を学ぶが、サロンでは認められなかった。1848年に出展した作品『箕(み)をふるう人』でサロン初入選をし、それを転機に農民画家へ転向、翌年の1849年にはパリから南東へ60kmの場所にあるバルビゾン村へ移住しバルビゾン派となる。『種をまく人』『落穂拾い』『晩鐘』など農民を主人公にしたレアリスム絵画を描き、1867年のパリ万国博覧会で名声を得た。晩年には印象派に近いパステルや水彩画も制作した。収録内容フランソワ・ミレー作品集目次Portrait de Javain1841Portrait of Louise-Antoinette Feuardent1841Self-portrait1841Bergers dArcadie1843The Man with the Pipe1843Portrait de Pauline Ono en deshabille1844Mulher na janela1844La Tentation de saint Antoine1846Le vanneur1847Mother and Child1848The Sower1850Trussing Hay1850Cooper Tightening Staves on a Barrel1852Waldarbeiter beim Holzsagen1852Going to Work1853Frau beim Brotbacken1854Der Meierhof Cousin in Greville1854Der Weiler Cousin bei Grevill