Home » 嗤う伊右衛門 by Natsuhiko Kyogoku
嗤う伊右衛門 Natsuhiko Kyogoku

嗤う伊右衛門

Natsuhiko Kyogoku

Published August 25th 1999
ISBN : 9784125006031
新書
386 pages
Enter the sum

 About the Book 

面体渋紙の如く引張り、髪は枯れ野の薄の如く縮み、眼潰れ堪えず涙を流しーーー。只今のお岩様は、慥かに譬うるものなき程に見苦しゅう御座居やすーーー。しかしそれも凡ては御心次第。伊右衛門様の御気持ちひとつーーー。もしお岩様が望むのならば、美しゅうもなりやしょうーーー。幽晦との境界がーーー破れている。内部の薄明が昏黒に洩れている。ならばそこから夜が染みて来る。生まれてこのかた、わらったこともない生真面目な浪人、伊右衛門。疱瘡を病み、顔崩れても、凛として正しさを失わない女、岩ーーー。江戸の闇に開く悪の華、More面体渋紙の如く引張り、髪は枯れ野の薄の如く縮み、眼潰れ堪えず涙を流しーーー。只今のお岩様は、慥かに譬うるものなき程に見苦しゅう御座居やすーーー。しかしそれも凡ては御心次第。伊右衛門様の御気持ちひとつーーー。もしお岩様が望むのならば、美しゅうもなりやしょうーーー。幽晦との境界がーーー破れている。内部の薄明が昏黒に洩れている。ならばそこから夜が染みて来る。生まれてこのかた、わらったこともない生真面目な浪人、伊右衛門。疱瘡を病み、顔崩れても、凛として正しさを失わない女、岩ーーー。江戸の闇に開く悪の華、怪談世界に異才が挑む!